美波町とは、2006年3月、徳島県南部の海部郡日和佐町と由岐町とが合併して誕生した町です。ここでは、旧日和佐町をクローズアップしてお届けします。

ウミガメの町=日和佐

旧日和佐町は「ウミガメの町」として知られ、毎年夏になると、アカウミガメの群れが大浜海岸に産卵をしに訪れています。ちなみに大浜海岸に生息するウミガメおよびその産卵地は文化財保護法に則り、「史跡」「名勝」「天然記念物」に指定されています。大浜海岸は約500メートル続く遠浅の砂浜であり、その海中には岩礁等の遮るものがありません。それゆえ昔からウミガメの産卵に適した場所でした。

旧日和佐町には世界的にも珍しいウミガメの博物館もあります。また、毎年夏にはウミガメの上陸・産卵を願う「日和佐うみがめ祭り」が開催されています。